1. ホーム
  2. 事業案内
  3. 設計部門

設計部門 DESIGNING AND CONSULITING

「生活のインフラ」、そして「生活の安全」を支えています。

 設計部門は、計画・調査・設計業務を中心に、官公庁及び民間企業を顧客としてコンサルティングを行っています。主に、道路・橋梁・河川砂防・トンネル・上下水道・パイプライン・農業土木・林業土木・宅地造成など、土木開発工事の計画から実施設計までを行っています。近年においては、急傾斜・土石流・地滑りの基盤調査にも意欲的に取り組んでいます。

当社の特徴・業務内容

当社の受注業務は、実施設計だけでなく、地域全体の構想建設や経済効果等が伴う計画事業・計画変更業務においても実績があります。また、上下水道は、設立当初から特に技術的に力を入れており、推進工法の設計も多数の実績があります。


道路

橋梁

河川砂防

上下水道

アセットマネージメント


斜面崩壊対策

農業土木

森林土木

施工管理


森林土木における床固工の設計事例

一般にはコンクリートを用いることが多いのですが、本計画はすべて木材を用いるH=3.0mのオールウッド型の床固工を採用しました。
県内の同種事業でコンクリートを使用しないという初めての施工例となり、治山の専門誌や治山林道の九州ブロック研究大会等でも熊本県より紹介されました。

道路改良設計の事例

 国道と県道の交差点計画設計の事例です。
計画にあたっては、上水道や水路などの埋設物があり、また交通量も多い区間であったため、工事中の施工手順や関係機関との協議を密に行い完成に至りました。
信号機はありませんが、車両運転者からの視距(見通し)も改善され、安全な交通に寄与できたと思います。